日本 | 日本語

未来の生産 - モジュラ式で増設可能

注目のIndustrie 4.0

多くの人が仮想オブジェクトと実世界のネットワーク化ついて議論しています。しかし、それは産業にとってどのような意味があるのでしょうか。

業界では、次のような場合、4.0が話題になります。

  • お客様の要求に基づいたマシンの再設定が可能で、
  • そのマシンにワークピースによる次の生産ステップの通知が来る場合、
  • 人、機械、産業プロセスがインテリジェントにネットワーク接続されます。

目的は?リソースとエネルギーを節約する生産プロセスの構築です。お客様も同じ取り組みをされていますか?それならすでに正しいパートナーを見つけています。当社は、専門知識とスマート製品を使用してお客様のスマートファクトリーへの移行をサポートすることができます。

Industrie 4.0

Industrie 4.0に関するホワイトペーパー - 重要事項の総まとめ

ピルツのIndustrie 4.0に関するホワイトペーパー

Industrie 4.0の利点

  • 柔軟: 自律運転機械モジュールによりお客様の要求にすばやく対応
  • 低単価: 大量生産製品のコストで行われるカスタム製造
  • 高可用性: フル稼働での生産
  • 経済的: 対象を限定したプロセス設計により、小規模での生産性を向上
  • 透明性の向上: 情報はリアルタイムで呼び出し
  • リソースの節約: 同じ機械台数で従来より多種の製品を製造

Industrie 4.0の歴史と背景

Industrie 4.0とは、産業がデジタル化へと向かう第4の産業革命を意味しています。しかし、ネットワーク産業のITの利用は進行中のため、当社では革命というよりは進化と見ています。すべての関係者のサポートが必要な変化の過程にあります。

Industrie 4.0という用語は、ハノーバーメッセ2011で初めて公の場に登場しました。以来、数多くの団体、プラットフォーム、機関がIndustrie 4.0の実装に取り組んでいます。当社は、当初からこの活動に参加し、オートメーション技術での長年にわたる経験をもとにプロジェクトをサポートしています。

ピルツのIndustrie 4.0

Industrie 4.0の歴史と背景

Industrie 4.0で高速カスタマイズ生産

Industrie 4.0

Industrie 4.0の目的は、リソースとエネルギーを節約する生産プロセスを生み出すことです。これは、個別の製品やソリューションを望むお客様の希望に反するものです。このため、生産をカスタマイズしつつ経済的であることが必要です。特に、大量生産品のコストで行うことができることが重要です。この課題は、要件の変更を迅速に適用できるモジュラ式の柔軟な設備や機械によって解決できます。その方法とは? 設備をインテリジェントなITシステムとリンクすればよいのです。その結果、設備と機械が自律的になり自己編成されます。

当社は、モジュラ式設備でも安全性が保証されるスマート製品を提供しています。

スマート製品

ピルツのIndustrie 4.0の詳細

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

営業部

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp