日本 | 日本語

鉄道のオートメーションに特化されたPSS 4000-Rオートメーションシステム

PSS 4000-Rで安全な移動

オートメーションシステムPSS 4000-R

オートメーションシステムPSS 4000-Rは、実績のある安全で試験済みのシステムで、経済性を特に重視し、カスタマイズした鉄道産業向けのソリューションです。製品名にある“R”は、この製品が鉄道アプリケーション向けに開発されたことを示しています。以下のCENELEC規格に準拠し、SIL 4に適合します: EN 50121, EN 50126, EN 50128, EN 50129, EN 50155およびEN 45545。モジュラ設計のためデジタル制御タスクや改造に最適です。さまざまなアプリケーションのオプションをご覧ください。

オートメーションシステムPSS 4000-Rは鉄道セクタでよく使用される自社専用の制御ソリューションと比べて、調達、メンテナンスともに大幅にコストが抑えられます。

鉄道の自動化を簡素化

PSS 4000-Rで鉄道を自動化

オートメーションシステムPSS 4000-Rを使用すると、安全な鉄道オートメーションを非常に簡単に実装できます。そのため、PLCコントローラPSSuniversal PLC-RCENELEC規格に準拠して認証を取得し、多数の安全のデジタル電子モジュールの他、I/Oヘッドも用意されています。プログラミングはシンプル且つ直感的で、グラフィックプログラムエディタPASmultiを使用して実行されます。さらに集中的に取り組みたい場合は、EN/IEC 61131-3に準拠するプログラミング言語を使用できます。

遅延時間なし

PSS 4000-Rによる鉄道安全技術

このオートメーションシステムはマルチマスタ方式に従っています。そのため、長距離に渡る沿線に設置された複数のPLCコントローラPSSuniversal PLC-Rを互いに接続することが可能です。したがって、配線を大幅に削減できます。
ウェブベースの視覚化ソフトウェアPASvisuを使用すると、システムのすべてのコンポーネントを監視することが可能です。断線やエラーが発生すると非常に迅速に検知し、場所を特定します。そのため、プロジェクトのエンジニアリングおよび実行時間からメンテナンスまでの時間を短縮できます。遅延時間はありません!

さまざまな利点:

鉄道業界におけるPSS 4000-Rの利点
  • 周囲温度-40 °Cから+70 °Cまでの環境で正常に動作
  • 振動や衝撃による機械的負荷への耐性
  • 電磁両立製(EMC)
  • 増設可能な分散型I/Oモジュールによる最大限の柔軟性
  • CENELEC規格EN 50121, EN 50126, EN 50128, EN 50129, EN 50155およびEN 45545に準拠し、SIL 4に適合
  • リアルタイムのEthernetベースプロトコルSafetyNET pによるセキュアな長距離ネットワーク通信
  • PASvisuはリモートメンテナンス、診断および視覚化のオプションを提供

当社の製品レンジ:

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

営業部

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp