日本 | 日本語

安全速度監視モジュールPNOZ s30 (スタンドアロン)

便利な速度監視

安全速度監視モジュールPNOZ s30

速度監視モジュールPNOZ s30は、EN ISO 13849-1のPL eまで、およびEN IEC 62061のSIL CL 3までに準拠して、お使いの機械の停止、回転速度、位置、シャーピン破損、回転速度範囲、および回転方向を安全監視します。PNOZ s30を使用することでドライブ監視に関する機械指令の遵守が可能になり、ドライブが停止しているときのドライブのオペレーティングステータスの安全を監視して維持できます。たとえば、セットアップモード中に減速して移動すると、オペレータの安全性が向上します。コンフィグレーションや故障表示を簡単にディスプレイに表示でき、便利です。速度監視モジュールPNOZ s30は、すべての一般的なモータフィードバックシステム、近接スイッチに適しています。

速度監視モジュールPNOZ s30リロード - バージョン3.0の新機能

速度監視モジュールPNOZ s30は、バージョン3.0より、コンフィグレーション可能なアナログ出力を装備しています。これにより、安全測定速度が0~20 mAまたは4~20 mAの比例信号としてコントローラに転送されるため、プロセスの監視中に直接速度を利用できます。安全監視速度は、ピルツのオペレータターミナルPMIなどの操作・監視装置で直接表示して、確認できます。アナログ出力により、速度検出のためセンサを追加する必要はありません。PNOZ s30は、値が既定の警告しきい値を上回るまたは下回ると、安全出力信号を使用して知らせます。そのため、不要なシャットダウンプロセスが回避され生産性が向上されます。

「オペレーションの安全停止」や「安全速度監視」などの安全機能を3つまでANDおよびORで論理接続でき、AND/ORの組み合わせも可能です。これにより配線エラーの可能性が低減され、試運転をさらに迅速に実施できます。

安全速度監視モジュールPNOZ s30は、この他にも納得の新機能を備えています。

  • 照光式ディスプレイ
  • 回転方向と位置の監視中にスイッチパラメータが設定された場合「自動リセット」
  • すべての出力について「同期起動」の有効化が可能
  • 選択可能なスイッチオフディレー時間により「再トリガ不可」
速度監視モジュールPNOZ s30

導入によるお客様のメリット

  • 従業員の安全向上
  • コストを節減しながら、生産性向上: 不要なシャットダウンプロセスを排除
  • 事前に定義した警告しきい値に達すると、警告を発して安全を確保
  • 押して回す、便利なロータリーノブ操作で、セットアップ中の時間を節約

ユーザフレンドリな特徴

ユーザフレンドリな特徴
  • 押して回すロータリーノブにより、パラメータを入力して、自由に設定可能
  • 各限界値にトレランスを自由に設定
  • 容易な診断: 内蔵ディスプレイ
  • 設定パラメータはUSBインタフェースからチップカードに保存
  • いたずら防止: 設定ファンクションにはロック付きカバーとパスワード保護を採用、プラグインのケージ式端子 (またはプラグインスクリュー式端子) で、チャンバーを個別に起動し、すばやく設置
  • スプリングクリップによる迅速な組付け – 工具不要
  • 全体を容易に表示: 6個のLEDを使用したディスプレイ – 外部測定装置は不要
  • 停止機能のオプションとして利用可能な軸の位置監視
  • 特定のしきい値に達するとシャットダウンを事前に警告
  • 出力接点: 2点の瞬時安全接点 (N/O) および2点の補助接点 (N/C)

PNOZ s22による接点増設 – 1台2役

PNOZ s22による接点増設
  • 2つのリレー機能は、EN ISO 13849-1のPL eに準拠して個別に制御可能、合計6点の瞬時安全接点 (N/O) と2点の瞬時補助接点 (N/C)
  • 3点の安全接点と1点の補助接点を個別に制御できるため、ベースユニットPNOZ s30をベースに各出力に別機能を割り付けることができます。
  • 2つのリレー機能は安全分離されているため、異なる電位の切り替えが可能

便利なアプリケーション

代表的な用途としては、遊園地、釣合い試験機、立体倉庫、遠心分離機、充填機、マシニングセンタ、風力タービンなどがあります。

安全柵が開いたまま安全に作業でき、以下を実現:

  • セットアップ領域をより詳細に解析するため、セットアップ時間短縮
  • 移動の向きが、選択されたジョグ機能に対応するよう保証することで、作業安全性向上
  • 安全性を考慮して制限された設定速度により、作業の安全性向上
安全柵が開いたままでも安全に作業

自動的にブレーキの制動テストを実施し、安全ブレーキ機能で以下を実現:

  • 保守作業の軽減
  • 生産性と可用性の向上
  • 安全性の向上
安全ブレーキ機能

オペレーションの安全停止 (SOSおよびSS2) が生産性を向上できる理由:

  • 軸の同期が維持される
  • プラントが速やかに、より容易に再起動する
  • 予期せぬ再起動からプラントが保護されるため、安全性レベルが高まる
オペレーションの安全停止 (SOSおよびSS2)

製品ラインアップ: 速度監視

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

営業部

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp