日本 | 日本語

PNOZ s30を使った安全速度監視

速度監視範囲におけるアプリケーション

速度監視モジュールPNOZ s30

速度監視モジュールPNOZ s30を使用すると、ドライブのシャットダウン時のドライブのオペレーティングステータスの安全な監視と維持を求める機械指令の要件に準拠して、作業者を保護します。

速度監視モジュールPNOZ s30は、幅広いアプリケーションで使用してさまざまな機能を監視できます。ユーザフレンドリなコンフィグレーションは、装置で直接行うか、PNOZsigmaコンフィグレータを使って行います。速度監視の典型的なアプリケーションとしては、釣合い試験機、立体倉庫システム、遠心分離機、充填機、風力タービン、遊園地があります。EN 61800-5-2に準拠し、以下の安全機能を監視できます。

導入する利点

  • 従業員の安全向上
  • コストを節減しながら、生産性向上: 不要なシャットダウンプロセスを排除
  • 事前に定義した警告しきい値に達すると、警告を発して安全を確保
  • 便利なロータリーノブ (押して回す) によるオペレーションとPNOZsigmaコンフィグレータで、セットアップの時間を短縮

EN 61800-5-2に適合した速度監視安全機能

安全速度範囲 (SSR)

速度範囲 (SSR - 安全速度範囲) の安全監視を達成するには、最大速度の安全監視「安全制限速度」と、最小速度の安全監視「安全速度監視」を組み合わせます。速度範囲の安全監視では監視速度を定め、最大速度と最小速度の範囲内で速度が変化する必要があります。

安全方向

安全方向 (SDI - 安全方向) の安全監視により、定義された方向以外にドライブが移動しないようにします。方向の偏差を安全に検出し、該当する対応策を実行します。移動の安全方向の監視を実際に適用するのは、機械を安全な方向に移動させながら、危険ゾーンへのアクセスを許可するような場合です。

安全速度監視 (SSM) - 安全速度監視

安全速度監視 (SSM – 安全速度監視) では、指定した最小速度を下回ると信号を発生させます。これは、指定の速度を下回ったら危険ゾーンにアクセス可能とするようなアプリケーションなどに使用します。「安全制限速度」 (SLS) 機能はこれとは異なり、指定した最大速度を上回ると信号を発生させます。

オペレーションの安全停止 (SOS)

オペレーションの安全停止 (SOS - オペレーションの安全停止) の安全監視の目的は、安全な位置監視です。コンフィグレーションに従って、停止位置または定義した位置範囲を監視します。定義されたエリアを外れると、それに対応したエラー応答が発生します。

安全速度範囲 (SSR)

            安全速度範囲 (SSR)

安全方向 (SDI)

                安全方向 (SDI)

安全速度監視 (SSM)

            安全速度監視 (SSM)

オペレーションの安全停止 (SOS)

  オペレーションの安全停止 (SOS)

アプリケーション例

安全柵が開いた状態で安全な作業

安全柵が開いた状態で安全に作業でき、以下を実現します。

  • セットアップ領域をより詳細に解析するため、セットアップ時間短縮
  • 移動の向きが、選択されたジョグ機能に対応するよう保証することで、作業安全性向上
  • 安全性を考慮して設定速度を制限することで、作業の安全性向上
安全ブレーキ機能

安全ブレーキ機能でブレーキ動作のテストを自動的に実施して、以下を実現します。

  • 保守作業の軽減
  • 生産性と可用性の向上
  • 安全性の向上
オペレーションの安全停止 (SOSおよびSS2)

オペレーションの安全停止 (SOSおよびSS2) は、以下の理由により生産性を向上します。

  • 軸の同期が維持される
  • プラントが速やかに、より容易に再起動する
  • 予期せぬ再起動からプラントが保護されるため、安全性レベルが高まる

PNOZ s22による接点増設 – 1台2役

PNOZ s22による接点増設
  • PL e、EN ISO 13849-1に従って個別に制御可能なリレー機能 x 2、瞬時安全接点 (N/O) x 6、瞬時補助接点 (N/C) x 2
  • 3点の安全接点と1点の補助接点を個別に制御できるため、ベースユニットPNOZ s30をベースに各出力に別機能を割り付けることができます。
  • 2つのリレー機能は安全分離されているため、異なる電位の切り替えが可能

 

当社の製品レンジ: 速度監視

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

営業部

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp