日本 | 日本語

小型安全コントロールシステムPNOZmulti 2による安全モーション監視

ドライブの安全監視

小型安全コントロールシステムPNOZmulti 2

小型安全コントロールシステムPNOZmulti 2の安全モーション監視モジュールがドライブの安全を監視します。増設モジュールとベースユニットPNOZ m B0またはPNOZ m B1を組み合わせて、1軸または2軸を監視します。PNOZmulti 2の安全モーション監視モジュールは、ソフトウェアツールPNOZmultiコンフィグレータを使用して簡単にコンフィグレーションできます。また、このツールを使って独立モジュールプログラム (mIQ) をコンフィグレーションして、モーション監視モジュールで直接実行することもできます。複数の監視領域 (速度や回転速度など) を緻密な精度でコンフィグレーション可能になり、その後それを増設モジュールからローカルで実行することもできるため、ユーザにとって非常に大きな利点があります。このため、ユーザにとって柔軟性がさらに高まります。便利な診断機能と各種フィールドバスおよび通信オプションも用意しています。

標準のインクリメンタルエンコーダはすべて、産業用インタフェースを介してドライブ専用の接続ケーブルで接続でき、極めて高い耐久性を有します。

お客様にとっての利点

  • EN 61800-5-2に準拠した安全機能の実装 (速度調整可能な電動ドライブシステム)
  • 新しいモジュールプログラム技術 (mIQ) による最高の柔軟性: PNOZmultiコンフィグレータによる従来通りの容易なコンフィグレーション
  • 応答時間の短縮: ベースユニットにかかる負荷を軽減
  • 最高の安全性: PNOZmultiコンフィグレータで、認証ソフトウェアブロックを使用して機能を容易にコンフィグレーション
  • 高可用性: 総合的なモーション監視機能
  • 機械設備の生産性向上: PNOZmultiにより、コスト削減と最高の安全性を実現
  • 産業用インタフェースMini I/Oを使用してあらゆる一般的なインクリメンタルエンコーダに接続
お客様にとっての利点

安全モーション監視モジュールの特長

安全モーション監視モジュールの特長
  • 小型安全コントロールシステムPNOZmulti 2のベースユニット (PNOZ m B1またはPNOZ m B0) への接続用
  • PNOZmultiコンフィグレータでコンフィグレーション可
  • 1軸の監視 (PNOZ m EF 1MM) または2軸個別の監視 (PNOZ m EF 2MM)
  • 近接スイッチとエンコーダによる測定値

監視機能:

- アナログ電圧 (トラックS)

ソフトウェアツールPNOZmultiコンフィグレータの各種ブロックにより、安全機能をすばやく簡単に実装できます。

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

営業部

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp