日本 | 日本語

電子感応式保護装置による危険ゾーンの安全対策

どのような場合に、電子感応式保護装置 による危険領域保護が適していますか?危険領域へのアクセスや侵入を防ぐのではなく、危険動作を安全に停止させる場合に、ESPEをお使いください。この場合、保護フィールドは光学センサで保護されます。適用可能なさまざまなアプリケーションの詳細をご覧ください。

ロボットセルのアクセスガード

ロボットセルのアクセスガード

ガードを使用せずに、ロボットセルへのアクセスを防止したいですか?ライトカーテンは、バリアフリーのアクセスが必要な場合に最適です。危険ゾーンへの進入を監視して、人の立ち入りを検知すると、即座にロボットを安全に停止します。ロボットを再起動するには、コントローラを通じて承認を得る必要があります。

ロボットの多面的安全対策

安全防護柵の代わりに、ライトカーテン1組とミラーコラム2本を組み合わせれば、ロボットの安全を守ることもできます。ミラーコラムがライトカーテンの光線を反射するため、1組のライトカーテンがあれば、3つの侵入面を十分に監視できます。そのため、危険領域への侵入を安全に監視できるだけでなく、スペース、コスト、取り付け時間も節約できます。

ロボットセル

プレスの安全対策

プレスのアクセスガード

迅速な応答時間と高性能を誇る堅牢なライトカーテンはプレスに要求される保護レベルに対応します。フィンガープロテクション機能装備のライトカーテンは、プレス時の負傷から従業員を守ります。ライトカーテンが保護フィールド内で指を検知すると、直ちにプレスが安全に停止します。

プレスラインの多面的安全対策

長いプレスラインでは、定期的にツールを交換します。たとえば、ツールをプレスで出し入れするために、ツールがレール上を移動します。この場合、入口と出口部分に安全対策が必要です。スペース、コスト、取り付け時間を節約できます。ライトカーテン1組とミラーコラム2個を組み合わるだけです。ミラーコラムがライトカーテンの赤外線ビームを反射します。ライトカーテン1組だけで、3面すべてを監視して安全に保護します。

プレスラインの安全対策

近くにあるワークステーションの安全対策

近くにあるワークステーションの安全対策

複数のワークステーションが近接している場合、ライトカーテンが相互に干渉することがあります。このような干渉を防ぎたいですか?その場合、コード化されたライトカーテンをご利用ください。コード化されたライトカーテンは、近接していても互いに干渉することはありません。これは、1組目のライトカーテンの投光器が、2組目のライトカーテンの受光器の方向にビームを発する場合に特に有効です。このような場合には、各組のライトカーテンにコードA、コードBのように、別々にビームコードを割り付けてコンフィグレーションすることができます。

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

営業部

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp