日本 | 日本語

2次元レーザスキャナによるエリア監視

2次元レーザスキャナのアプリケーションの幅広いオプションをご覧ください!

2次元レーザスキャナによるエリア監視

危険ゾーンの安全対策またはアクセス監視が必要な場合: 2次元レーザスキャナはお客様の安全要件を満たす柔軟なソリューションを提供します。警告フィールドと保護フィールドの自由なコンフィグレーション、構造条件に応じた調整オプションにより、幅広いアプリケーションへの組み込みに適しています。

最近の安全レーザスキャナで何ができるのでしょうか?最新のアプリケーション事例をお読みください。

危険ゾーンの静止保護

人とロボットの協働アプリケーションでは安全ソリューションが非常に重視されます。2次元レーザスキャナは人が危険な動作の発生する場所に接近した場合検出し、その動作を安全に停止します。保護フィールドと警告フィールドは柔軟にコンフィグレーション可能で、構造条件に合わせて変更できます。人が警告フィールドに入ると、危険な動作に制御ブレーキがかかります。人が保護フィールドに侵入した場合は、危険な動作が停止されます。

 

お客様の利点

  • アプリケーションに容易に組み込み: 保護フィールドと警告フィールドの自由なコンフィグレーション(構造条件に応じた調整を含む)

無人搬送車の安全対策

無人搬送車システム (AGV) は、対人、対物の損傷を防ぐため、信頼性の高い保護対策が必要です。コンパクト設計の2次元レーザスキャナはAGVへの組み込みに最適です。車両の経路にあるあらゆる物体を検出できます。そのため、AGVルートの固定保護装置以上の利点があります。長い制動距離が必要な高速運転時も、安全レーザスキャナは、生産性を妥協することなく、最大の安全性を提供します。

お客様の利点

  • 不要なダウンタイムの排除: 保護フィールドに柔軟に適応する速度監視

背後からの侵入

特に視界が悪いロボットアプリケーションの危険ゾーンでは、信頼できる安全コンセプトが必要になります。危険ゾーンの入り口の安全扉スイッチやライトカーテンと同時に、背後からの侵入に対する保護対策が必要です。2次元レーザスキャナは危険ゾーン内に人が存在することを検出します。保護フィールド内に人がいる場合、危険な動作の再起動を防止します。

お客様の利点

  • 2つの課題を同時に解決: 危険ゾーンの安全対策と再起動監視

アクセス保護

幅広いアプリケーションで危険ゾーンへのアクセスを防止する柔軟なソリューションが必要です。2次元レーザスキャナはアクセス対策や人の侵入防止に最適なだけでなく、材料の供給、送り出しが同時に行われるアプリケーションにも適しています。追加のセンサは人と材料を区別します。許可された材料の形状が検出されると、安全レーザスキャナの保護フィールドが切り替わり、材料が通過可能になります。人が保護フィールドに立ち入った場合は、アクセスは閉鎖状態のままで、危険な動作が停止します。

お客様の利点

  • 材料の安全な供給と送り出しのため、人と材料を区別

製品ラインアップ: 2次元レーザスキャナ

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

営業部

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp