PILZ Inside Automation
No. 6 2019 / 2019/06/27
拝啓,

規格や指令は拘束力のある法的原則の基盤です: 機械を設計、製造、販売するすべての企業は、準拠する必要があります。要件は常に変化しているため、条項は定期的にチェックされ、既存の機械指令2006/42/ECや規格ISO 20607などのように、頻繁に改訂されます。本号のニュースレターでは、現状と変更内容についてお知らせします。さらに、柔軟性を極めたPSENoptとPITmodeの2製品、第2世代のPNOZmultiに焦点を当ててご紹介します。
機械指令改訂の計画 - スケジュール発表

機械指令は改訂される予定です。安全性を向上し、デジタル化による技術の進歩を考慮することが目的です。今すぐ詳細をご覧ください。
詳細情報

製品

PNOZmultiコンフィグレータバージョン10.10の高度な機能

新製品: ソフトウェアツールPNOZmultiコンフィグレータバージョン10.10では、アクセス許可とマクロを簡単にコンフィグレーションできます。
衝突測定セットPRMSで規格に適合するHRCを実現

お客様の人とロボットの協働(HRC)は、安全かつ必要なすべての技術仕様を満たしていますか。当社の衝突測定セットPRMSで、力と圧力を記録し、規格に適合するHRCのための検査を簡単に実行できます。PRMSの仕組と利点は?ロボット安全コンサルティングサービスの当社のエキスパートが、すべて動画で説明します。
SRWが安全ライトカーテンPSENopt IIを信頼している理由は?

これは、ロボットアプリケーションに最適な安全ソリューションである、安全ライトカーテンPSENopt IIの使用方法です。
第2世代小型安全コントロールシステムPNOZmulti 2 – サクセスストーリーは続く!

小型安全コントローラの市場リーダーとして、世界各地のユーザの信頼を受けています。多機能でどのようなシステムにも使用できます。Simply unbeatable.この持続可能なソリューションの詳細情報をご覧ください。

専門知識

新規DIN EN ISO 20607の現行ステータスは?

設備や機械類の取扱説明書作成のための新規方針は、まもなく適用されます。これを読めば、今すぐ考慮しなければならない理由がわかります。