PILZ Inside Automation
No. 10 2018 / 2018/10/31
拝啓,

“Home of Industrial Pioneers”(「産業の先駆者の発祥地」): - それが今年のハノーバーメッセ(ドイツ)の基調テーマです。2019年4月1日~5日まで、人工知能の時代の人と機械のネデジタルットワーキングについてのすべてが紹介されます。本号では、ピルツブースのみどころ、ハノーバーで展示する新製品などについての詳しい情報をお届けします。まだチケットを入手されていませんか?世界屈指の産業見本市の入場券を今すぐお申し込みください。
機械の「パスポート」

仕様と設備・機械類の安全性に適用される法令は国により異なります。機械の輸出にあたり、考慮すべき現地仕様の詳細をご確認ください。
詳細情報

製品

ライトバリヤ - スペースが重視されるアプリケーションの安全対策に理想的なパートナー

複数の機械を挿入自由な場所で操作しているのに、安全センサを取り付けるスペースがあまりありませんか?本シリーズの最後の部分では、薄型のライトカーテンを効果的に使い、機械や設備の安全対策をする方法をご紹介します。詳細をご覧ください。
PNOZmultiコンフィグレータバージョン10.9 - オフラインシミュレーションにも対応

バージョン10.9より、ハードウェアなしでもPNOZmultiプロジェクトをオフラインで完全にシミュレーションできます。最初のステップで、シンプルなロジックファンクション、カウンタ、オペレーティングモードが自動的に計算されます。今すぐPNOZmultiコンフィグレータソフトウェアバージョン10.9をダウンロードしてお試しください。
複製可能なオートメーションソリューションのイメージとは?

エンジニアリング企業Brodbeck社にとって、複数の設備に移設可能な安全ソリューションおよびコンポーネントは大変重要です。複製可能なオートメーションソリューションのイメージをご覧ください!
PNOZmulti 2によってアナログ入力信号を安全に監視

小型安全コントロールシステムPNOZmulti 2の製品レンジが拡張され、アナログ入力モジュールPNOZ m EF 4AIが追加されました。PL e/SIL CL 3までのプロセス値を安全かつ正確に監視できます。

サービス

オートメーション技術を実際にピルツトレーニングシステムで学びましょう!

PESは社内トレーニングで、機械の安全機能およびオートメーション機能を非常に実践的なアプローチで学習できます。トレーニングシステムのその他の用途についてお読みください。

会社名

SPS IPC DRIVES 2018のみどころ

SPS IPC Drives (会期:2018年11月27日~29日)でピルツは、安全センサ技術の製品およびソリューションを中心に展示します。今年の展示会のみどころは、ピルツのスマートファクトリーです。Industrie 4.0のコンセプトに沿った安全センサ技術をご覧ください。ご来場いただくと、当社のスマートファクトリーで、新しいサービスロボット用モジュールもお試しいただけます。ニュルンベルクで見られるその他の展示について今すぐご確認ください。