PILZ Inside Automation
No. 9 2018 / 2018/09/28
拝啓,

人と機械が接近して作業を行えば行うほど、作業をより効率的に進めることができます。しかし、オペレータは多数の規格や技術仕様に準拠する必要があります。ピルツは安全なロボットアプリケーション実現のため、包括的な規格の知識、製品およびサービスでお客様をサポートします。本号では、安全なロボットの要件や、現行の規格の状況についてお読みいただけます。さらに、産業および非産業環境向けの新しいサービスロボットモジュールもご紹介します。
ロボティクス向けモジュール: ピルツのサービスロボットモジュールで御社独自のロボットを構築できます。

当社はお客様が容易にサービスロボットを導入できるようサポートします。新しいサービスロボットモジュールで、お客様独自のサービスロボットアプリケーションを構築できます。ピルツのソリューションはマニプレータPRBT、制御モジュールPRCM、操作モジュールPRTM、ROSモジュールで構成されます。今すぐ詳細をご覧ください。
詳細情報

製品

御社の工作機械の安全対策にライトカーテンをお選びください。

プレスや自動プレスラインなどの工作機械に安全対策を施す場合、堅牢かつ柔軟なセンサが求められます。本シリーズの第二部では、ライトカーテンとミラーコラムをうまく組み合わせる方法を学びます。詳細をご覧ください。

専門知識

一目で人とロボットの協働 (HRC) に関するガイダンスと規格をすべて把握

新しいHRCポスターには、協働の種類や、人と機械が一緒に作業する場合にリスクを最低限に抑える方法が示されています。また、ISO/TS 15066に準拠した人とロボットの間に働く力と圧力の制限値も学ぶことができます。
産業用ロボットのISO安全規格の改訂

2021年5月までに、ISO 10218-1およびISO 10218-2に準拠した協働ロボットシステムの安全要件が改訂される見込みです。詳しい情報は、こちらをご覧ください。
協働4.0.: ピルツのロボティクス・ホワイトペーパー発行!

将来、人がロボットの同僚と安全に協働する方法は?最新版ホワイトペーパーは、産業環境で安全な人とロボットの協働を実装する際の課題や、課題解決のためのアプローチを提示します。今すぐダウンロード!

企業

マドリッドで開催されるROSConおよびiROSでピルツのブースにぜひお越しください。

2018年9月29~30日の期間、オープンソースのROS (ロボットオペレーティングシステム) ソフトウェアを利用している開発者が、マドリッドで開催されるROSConに集結します。これに続いて、2018年10月1~5日の期間に、iROS (インテリジェントなロボットとシステムに関する国際カンファレンス) が開催されます。両カンファレンスで、ピルツはROSおよびサービスロボット分野における自社の活動を紹介します。