PILZ Inside Automation
No. 9 2018 / 2018/09/28
拝啓,

本号では、産業サイバーセキュリティ情報を中心にお届けします。お客様の設備をハッカーの攻撃から守るには、どのような対策が必要でしょうか?効果的なセキュリティ対策とは?実践的な解決法を紹介します。また、セキュリティポリシーの資料もまとめました。職場のセキュリティ対策へのコンプライアンスに関してスタッフや同僚を積極的に支援できるため、お客様のビジネスの機密データのセキュリティが保証されます。本件に関する当社の新しいホワイトペーパーでは、セキュリティ強化のためのヒントを紹介しています。
ロボティクス向けモジュール: ピルツのサービスロボットモジュールで御社独自のロボットを構築できます。

当社はお客様が容易にサービスロボットを導入できるようサポートします。新しいサービスロボットモジュールで、お客様独自のサービスロボットアプリケーションを構築できます。ピルツのソリューションはマニプレータPRBT、制御モジュールPRCM、操作モジュールPRTM、ROSモジュールで構成されます。今すぐ詳細をご覧ください。
詳細情報

製品

ライトバリヤ - スペースが重視されるアプリケーションの安全対策に理想的なパートナー

複数の機械を挿入自由な場所で操作しているのに、安全センサを取り付けるスペースがあまりありませんか?本シリーズの最後の部分では、薄型のライトカーテンを効果的に使い、機械や設備の安全対策をする方法をご紹介します。詳細をご覧ください。

専門知識

ピルツがRossiniプロジェクトのパートナーに

ピルツは、HRCアプリケーションの最適化、普及促進のためのプロジェクトであるRossiniのパートナーです。7ヶ国から合計13社が、人と機械の協働に関する理論と実践を調整する計画を支援しています。ピルツはまた、ロボットマニプレータやセンサの開発も担っています。
一目で人とロボットの協働 (HRC) に関するガイダンスと規格をすべて把握

新しいHRCポスターには、協働の種類や、人と機械が一緒に作業する場合にリスクを最低限に抑える方法が示されています。また、ISO/TS 15066に準拠した人とロボットの間に働く力と圧力の制限値も学ぶことができます。
産業用ロボットのISO安全規格の改訂

2021年5月までに、ISO 10218-1およびISO 10218-2に準拠した協働ロボットシステムの安全要件が改訂される見込みです。詳しい情報は、こちらをご覧ください。

会社名

マドリッドで開催されるROSConおよびiROSでピルツのブースにぜひお越しください。

2018年9月29~30日の期間、オープンソースのROS (ロボットオペレーティングシステム) ソフトウェアを利用している開発者が、マドリッドで開催されるROSConに集結します。これに続いて、2018年10月1~5日の期間に、iROS (インテリジェントなロボットとシステムに関する国際カンファレンス) が開催されます。両カンファレンスで、ピルツはROSおよびサービスロボット分野における自社の活動を紹介します。