PILZ Inside Automation
No. 6 2018 / 2018/06/29
拝啓,

安全センサ技術を使用せず機械や設備を自動化するとしたら、どうなるでしょうか?お客様のアプリケーションンの要件に従って、安全扉を柔軟に保護する方法を、このニュースレターでご覧ください。さらに、ライトカーテンでシンプルかつ安全に複数面の危険エリアを監視する方法も紹介します。
モジュラ式安全扉システムでお客様にぴったりな安全扉ソリューションを実現!

ハノーバーメッセ2018のピルツブースのトップストーリー: ピルツのモジュラ式安全扉システム。個別のコンポーネントを組み合わせて個別のソリューションを構築する方法を、短い動画にまとめました。
詳細情報

製品

安全装置診断にも対応する安全扉システムPSENmlock

安全装置診断と組み合わせてPSENmlockを利用すると、多くの直列接続の利益を受けることができます。
安全扉システムPSENmlock - エスケープリリースを備え、直列接続対応

安全扉システムPSENmlockには、基本バージョンと直列接続バージョンがあります。オプションのアクセサリとして、エスケープリリースや最適のハンドルを選ぶことができます。今すぐ詳細をご覧ください。
安全扉システムPSENslockの簡単なオペレーション

PSENslockと押しボタンユニットPITgateboxを組み合わせることで、オペレータ要素および押しボタン要素を追加できます。PITgateboxには多数のバージョンが用意され、標準アルミ製形材システムへの省スペースな取り付けが可能です。
設備機械のオートメーションソリューション

ピルツは、センサ技術から制御およびドライブ技術まで、どの要件にも対応する拡張性の高いソリューションを提供します。お客様の設備機械でどのように当社のオートメーションソリューションを活用できるかご確認ください。
PSENopt IIミラーコラムで危険領域の複数面での安全性を確保できます!

ライトカーテンPSENoptとPSENopt IIを新しいPSENopt IIミラーコラムを組み合わせることで、即座に危険領域の複数面での安全性を確保できます。今すぐ詳細をご覧ください。