PILZ Inside Automation
No. 11 2017 / 2017/11/28
拝啓,

“Home of Industrial Pioneers”(「産業の先駆者の発祥地」): - それが今年のハノーバーメッセ(ドイツ)の基調テーマです。2019年4月1日~5日まで、人工知能の時代の人と機械のネデジタルットワーキングについてのすべてが紹介されます。本号では、ピルツブースのみどころ、ハノーバーで展示する新製品などについての詳しい情報をお届けします。まだチケットを入手されていませんか?世界屈指の産業見本市の入場券を今すぐお申し込みください。
エリアおよびゾーン監視にセンサを使用

人が危険ゾーンに頻繁に出入りしたり、材料を頻繁に搬入出する必要がある場合、光線式安全装置を使用できます。ライトカーテン、レーザスキャナ、カメラシステム、感圧安全マットなどの装置はエリア監視に最適です。
詳細情報

製品

小型安全コントローラPNOZmulti 2 - SafetyNET p経由の安全な通信

安全なリアルタイムイーサネットSafetyNET p経由で、最大16台のPNOZmulti 2ベースユニットをリンクできます。32ビットデータは、実際に短い応答時間でRTFLを経由して交換されます。新機能の詳細をご覧ください。
動的感圧安全マットPSENmatがオートメーション賞2018を受賞

動的な感圧安全マットPSENmatは名誉あるオートメーション賞で第X位を獲得しました。今すぐ詳細をご覧ください。
新製品 - リモートI/OシステムPSSuniversal 2用のEtherNet/IPインタフェース付きヘッドモジュール

EtherNet/IPインタフェース付きヘッドモジュールがリモートI/OシステムPSSuniversal 2に追加されました。このオープンなシステムは既存のシステム環境に完璧に適合します。詳しい情報は、こちらをご覧ください。

会社名

SPS IPC Drives 2017での世界初の発表

SPS IPC Drivesのテーマ「Safety in Every Dimension (全面的な安全性) 」に基づき、ピルツはトータルオートメーションソリューションのための産業用ソリューション、革新的な製品、およびサービスを発表します。世界初の製品には、位置検出を搭載した感圧安全マットPSENmatとコントローラPSS67 PLC (IP67保護を搭載した初の安全PLC) があります。