日本 | 日本語

国際規格EN / IEC 61800-5-2

規格IEC 61800-5-2 (欧州ではEN 61800-5-2)は、”速度調整可能な電動ドライブシステム”の機能安全要件を取り扱っています。国際規格IEC / EN 61800のパート5-2は安全機能を搭載する電動駆動システムの製品規格です。パート5-2は機能安全の観点から、安全ドライブの開発に関する要件を規定しています。

製造業者は、包括規格EN / IEC 61508 (電気・電子システムの機能安全の包括規格)、EN / IEC 62061 (機械制御システムの機能安全)およびEN ISO 13849 (機械安全) の規定に従って、要件を実装することにより、設備や機械に規格の仕様に適合する安全ドライブを組み込むことができます。

EN 61800-5-2は安全機能を停止機能と、安全モーション機能や安全ブレーキ機能などのその他の安全機能に分割しています。

EN 61800-5-2に準拠する安全停止機能

軸の安全を考慮する場合、軸が不意に起動したり、危険が発生した場合、動作中の軸を安全にシャットダウンすることが重要です。IEC / EN 61800-5-2は、EN / IEC 60204-1のカテゴリ0、1、2の3つの停止カテゴリに対応する3つの停止機能を定義しています。

 

EN / IEC 60204-1 EN / IEC 61800-5-2
停止カテゴリ0

安全トルクオフ STO

停止カテゴリ1 安全停止1 SS1
停止カテゴリ2 安全停止2 SS2


安全機能がエラーや制限値の違反を検知すると、定義した応答機能が始動する必要があります。EN / IEC 61800-5-2は頻繁に速度制限や位置制限について言及しています。これは、制限値の違反があった場合、応答反応としてモータの停止を始動することによって達成できます。個々の軸のみで制限値違反が報告された場合、直接シャットダウンし、上位の安全コントローラが軸のシステム全体のブレーキング調整を行うアプリケーションもあります。外部のモニタリングリレーも同様に制限値違反のみを報告することが可能です。安全なシャットダウン手段を併用することで、規格の安全機能の要件を満たすことができます。当社のPMCprotego DSで、ドライブ内蔵モーションモニタリングソリューションを実装できます。

EN / IEC 61800-5-2に準拠する安全モーション機能および安全監視機能

停止機能に加えて、IEC 61800-5-2は、運転中のリスクを低減するための「安全モーション機能」も説明しています。安全監視機能は追加の安全機能とみなされます。監視機能は標準的なモーション機能に基づいています。制限値が設定されたパラメータが制限値を超えると報告されますが、エラー応答機能はトリガされません。

安全モーション機能 安全監視機能
安全方向(SDI) 安全方向監視(SDI-M)
安全インクリメント制限(SLI) 安全インクリメント監視(SLI-M)
安全速度制限(SLS) 安全速度監視 (SLS-M)
オペレーションの安全停止(SOS) オペレーションの安全停止監視(SOS-M)
安全速度範囲(SSR) 安全速度範囲監視(SSR-M)
安全位置制限(SLP) 安全位置監視(SLP-M)
安全加速度制限(SLA) 安全加速度制限監視(SLA-M)
安全加速度範囲(SAR) 安全加速度範囲監視(SAR-M)

安全モーション監視はピルツ製品にお任せください!

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 06 6155 5074
Eメール: techsupport@pilz.co.jp