日本 | 日本語

スマートファクトリー

スマートファクトリー (デジタルファクトリー)は未来のインテリジェントな工場です。完全にモジュラ化され、標準化されたインタフェースと最新の情報技術により非常に柔軟なオートメーションを実現します。このため、大量生産のコストで、製品サイクルの短縮や個別仕様の製品の製造が可能になります。

この用語は生産技術の研究者による造語です。スマートファクトリーは未来プロジェクトIndustrie 4.0の一環としてドイツ政府のハイテク戦略の目標になっています。スマートファクトリーには、生産設備と物流システムが広範に自己制御し、最適化する生産環境が整っています。スマートファクトリーで生産される製品は、自らの製造における段階、履歴、現状、製品が完成するまでに必要な生産工程を把握しています。

モノのインターネットを介して通信するサイバーフィジカルシステムが技術的な基盤となっています。未来のシナリオの一部として、製品およびワークピースキャリアと生産設備との通信が想定されています。製品にはRFIDチップなどに、機械で読み取り可能な生産情報が提供されます。生産設備や個別の製造工程による製品の経路はこれらのデータを使用して制御されます。

スマート製品

インテリジェントな製品は、IDを介して、または直接、製造の重要な情報を保持しているため、自ら製造プロセスを制御できます。インテリジェントな物として、このような情報交換はモノのインターネットの基盤です。

スマート生産はスマートファクトリー(デジタルファクトリー)とスマート製品との対話を具現化します。

詳細情報:

Industrie 4.0

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp