日本 | 日本語

リファレンスアーキテクチャモデル (RAMI)

かつてオートメーションはハードウェアに基づく構造(オートメーションピラミッド)を特徴としていました。今日では、オートメーションはハードウェア装置の配線だけではなく、クラウドやデータ間の接続も関係するため、この構造は時代遅れです。さらに、製造データだけではなく、外部からコントローラのデータにアクセスすることも可能です。従って、近代オートメーションピラミッドとしてリファレンス・アーキテクチャ・モデル(RAMI)が作成されました。#br##
ZVEIVDI/VDE-GMADKEおよびパートナーと共同で、研究プラットフォームIndustrie 4.0 BitkomおよびVDMAでオートメーション産業の概念およびコンセプトを開発しました。 このモデルはIndustrie 4.0に関連する要素を初めて三次元の階層モデルにしたものです。このフレームワークでは、Industrie 4.0がシステマチックに分類され、さらに発展しています。また、Industrie 4.0の標準も指定しています。異なる企業がIndustrie 4.0の構成要素として相互通信する必要があるため、このような標準化が必須です。

詳細情報:

Industrie 4.0

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp