日本 | 日本語

SSM - 安全速度監視

EN 61800-5-2に適合した安全速度監視 (SSM) 機能は、モータ速度が定義済みの制限値を下回っているかどうかを示す安全出力信号を発信します。

実際の安全速度監視安全機能

実際には、定義された最低速度を監視することにより、たとえば、速度が定義済みの値を下回った場合に限定して、危険ゾーンへのアクセスを許可できます。速度監視は、特定の回転速度を下回ったときに初めて安全な充填が可能になる遠心分離機でも使用できます。

安全速度監視と安全制限速度 (SLS) 機能を組み合わせると、安全速度範囲 (SSR) 安全機能が実現されます。この機能は、定義済みの値を下回ってはならない最低速度と、超過してはならない最高速度で、定義済みの速度範囲を監視します。

安全機能は、速度監視モジュールPNOZ s30でも対応できます!

SSM - 安全速度監視
本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp