地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

Hub

ハブ

ハブを使用すると、イーサネットで物理構造を論理構造から分離することができます。ハブは複数のネットワークサブスクライバを (物理的な) スター構造に接続するために使用されます。ただし、論理構造としてはバス構造のままです。ハブはスターカプラと呼ばれることもあります。ハブのあるポートで受け取ったデータパケットは、ハブ上のすべてのポートに
伝送されます。10BaseT (10 MBit/s) や100BaseT (100 MBit/s) のハブだけでなく、オートセンシングハブもあります。オートセンシングハブは、接続された端末機器の動作速度が10MBit/sか100 MBit/sかを自動的に検知します。オートセンシングハブは、新しい100BaseTネットワークに古い10BaseT機器を適切に組み込むために使用されます。