地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

誘導型センサ

誘導型センサは金属を検出します。ソレノイドを使用した金属で誘導電磁界の変化が測定されます。誘導型センサはISO 14119のタイプ3に分類されます。

たとえば、安全近接スイッチPSENiniは接点を使用せずに金属物質の接近を検出し、位置や制限値を通して必要な安全信号を送ります。PSENiniは、タスクを数えたり、回転動作を検出するためにパルスを発生させることもできます。PSENiniは機械的スイッチと比べ、非接触型、非摩耗の動作、さらに高い切替精度といった特長があり、高い生産性と長寿命を実現します。また、安全近接スイッチは埃や振動にも耐性があります。PSENiniを他の安全スイッチPSENini、PSENcode、または安全扉システムPSENslock、PSENsgateなどと直列接続する場合、必要な安全入力の点数や配線が減るため、コストや工数を削減できます。