日本 | 日本語

Terminating resistor

終端抵抗

同軸ケーブルで構築されたネットワークトポロジ (10Base2適合など) では、各セグメントの両端を抵抗で終端処理する必要があります。終端抵抗の値は、ケーブルインピーダンスと一致している必要があります。10Base2の場合は50Ωです。

 

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話:
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話:
Eメール: techsupport@pilz.co.jp