日本 | 日本語

安全ガードロック装置

ガードロック(機械式安全スイッチPSENme 1、安全ボルトPSEN b5、安全扉システムPSENsgateなどの安全ガードロック装置)を装備するインターロック装置は、可動ガードに取り付けます。安全ガードロック装置によって、安全扉が開いた後、危険な機械の機能の実行を防ぎます。安全スイッチを使用すると、作業者に危険な動作によるリスクが存在する限り、安全扉が閉まった状態で維持されます。

ガードロックを装備するカテゴリ3の安全インターロック装置には2つの安全機能があります:

  • モータの速度が0を超過する間は、可動ガードが解除されません。 
  • 可動ガードが施錠されていない、或いは閉まっていない間は、予期しない再起動が防止されます。(インターロック装置を参照)

両者の安全機能には独自の安全関連特性データがあるため、個別に評価する必要があります。

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp