地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

緊急停止回路

非常停止回路はよく緊急停止回路と混同されます。主な違いは、非常停止または緊急停止ボタンが操作されたときの反応です。非常停止の場合、危険な動作が停止されます。緊急停止の場合、システムへの動力が停止されます。これは電気的な危険(電気ショック)に対する要求事項です。

どちらのシステムにも一般的に1つ以上の緊急停止 / 非常停止ボタンが装備され、安全リレーでそれぞれの危険源を停止します。緊急停止または非常停止装置は、機械指令(2006/42/EC)とその整合規格EN ISO 12100、EN 60204-1およびEN ISO 13850 によって使用が義務付けられています。

英語の用語"E-STOP"をドイツ語に翻訳する際、よく"Not-Aus"と誤訳されます。ドイツ語の正しい用語は"Not-Halt"です。


影響を受ける規格:

EN ISO 12100:2010 - 機械類の安全性 - 設計の為の基本概念 - リスクアセスメントとリスク低減

EN 60204-1:2010 - 機械類の安全性 - 機械の電気装置 - 第一部:一般的な要求事項

EN ISO 13850:2008 - 機械類の安全性 - 非常停止 - 設計原則