日本 | 日本語

緊急遮断回路

緊急遮断回路はよく非常停止回路と混同されます。主な違いは、非常停止または緊急遮断ボタンが操作されたときの反応です。非常停止の場合、危険な動作が停止されます。緊急遮断の場合、システムへの動力が遮断されます。これは電気的な危険(電気ショック)に対する要求事項です。

どちらのシステムにも一般的に1つ以上の緊急遮断 / 非常停止ボタンが装備され、安全リレーでそれぞれの危険源を停止します。緊急遮断または非常停止装置は、機械指令(2006/42/EC)とその整合規格EN ISO 12100、EN 60204-1およびEN ISO 13850 によって、欧州では使用が義務付けられています。


関連規格:

ISO12100:2010 - 機械類の安全性 - 設計のための一般原則 - リスクアセスメント及びリスク低減

EN 60204-1:2010 - 機械類の安全性 - 機械の電気機器 - 第一部: 一般要求事項

EN ISO 13850:2015 - 機械類の安全性 - 非常停止 - 設計原則

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 06 6155 5074
Eメール: techsupport@pilz.co.jp