地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

Switch

スイッチ

ハブと同様、スイッチには複数のイーサネットネットワークサブスクライバを (物理的に) スター型に接続する機能があります。
スイッチはハブの機能とブリッジの機能を両方備えています。スイッチは、スイッチポートに接続されたネットワークサブスクライバのイーサネットアドレスを「記憶」し、そのサブスクライバ宛てのデータパケットのみを通過させることができます。ブロードキャストメッセージは例外で、すべてのスイッチポートに送出されます。これがスイッチとブリッジが異なる点です。ブリッジはブロードキャストメッセージを通過させません。
スイッチには100BaseT用だけでなく、オートセンシングスイッチもあります。オートセンシングスイッチは、接続された端末機器の動作速度が10MBit/sか100 MBit/sかを自動的に検知します。オートセンシングスイッチは、新しい100BaseTネットワークに古い10BaseT機器を適切に組み込むために使用されます。