地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

機械指令

機械指令には、人と機械の協調作業に関する標準化された安全衛生上の要件が説明されています。機械指令2006/42/ECは2009年12月29日から適用されています。機械が製造された場所や年月日に関係なく、1995年1月1日以降に欧州経済地域で初めて使用されたすべての機械はEU機械指令の対象となるため、CE認証が必須です。

機械指令の定義による機械

指令の定義によると、機械とは接続された部品またはコンポーネントから構成されるアセンブリであり、少なくともその1つが動き、特定のアプリケーションのために組みつけられたものです(機械指令の第2条を参照)。

機械指令の定義によると、以下も機械であるとみなされます。

  • 機械または複合設備のアセンブリ (複合設備には、生産ラインや複数の機械から構成される専用機械が含まれます。)
  • 安全コンポーネント(コンポーネントを安全コンポーネントに分類する方法は非常に意見が分かれます。現在のところはっきりと統一された方法はありません。)
  • 機械の基本的な機能を変更できる互換性のある装置

他の法規定のある機械

上記の機械に加え、機械指令の定義に当てはまっても、他の法規定が一般的に適用される除外品リストも存在します。

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp