地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

ブレーキ制御

安全ブレーキ制御(SBC)は安全出力信号を供給し、外部機械式ブレーキを駆動します。使用するブレーキは静止電流がスプリングに反動する”安全ブレーキ”である必用があります。電流の流れが遮断されると、ブレーキがかかります。エネルギー消費量やブレーキの過熱低減のためブレーキが解除された場合、制御モジュールに省エネ機能が装備されていることがよくあります。リスク分析の結果により、動作中の不具合を検出するために安全ブレーキテストが必用な場合があります。


抑速ブレーキとサービスブレーキは、懸架貨物のある軸でよく使用されています。ブレーキの他に、ブレーキドライブも安全機能上重要な部品です。軸が一旦停止すると、一般的に安全ブレーキ制御(SBC)機能を使用して、起動した抑速ブレーキを制御します。


重力負荷軸の保護

ブレーキの安全制御と監視は危険の発生防止に欠かせませんが、特に重力負荷軸では重要です。自動生産において、停電やブレーキ装置の故障が発生した場合、重力のため、垂直動作で大きなリスクが発生する可能性があります。リスクアセスメントの一部として、意図しない落下によるリスクを考慮し、リスク低減のための対策を定義することが不可欠です。


ピルツの安全ブレーキ制御ソリューション

ピルツはさまざまなソリューションを提供: 安全リレーPNOZ s50は、最高カテゴリPL eに準拠し、2つのブレーキ(抑速ブレーキまたは安全ブレーキ)を安全に制御します。PMCprotego DSは安全ブレーキテストを使用し、ブレーキの磨耗を監視します。


詳細情報:

抑速ブレーキ

安全ブレーキ

ブレーキ制御装置

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp