日本 | 日本語

Address Resolution Protocol

ARP

ARPは、ネットワークサブスクライバのイーサネットアドレスに属するIPアドレスを確立するために使用されます。確立した割り当ては、各コンピュータのARPテーブルで管理されます。Windowsオペレーティングシステムでは、ARPコマンド (DOSウィンドウ)のARPコマンドを使用してARPテーブルを表示および編集できます。

  • ARP -A
    ARPテーブルエントリを一覧します。
  • ARP -S <IPアドレス> <イーサネットアドレス>
    ARPテーブルに静的なエントリを追加します。
  • ARP -D <IPアドレス>
    ARPテーブルからエントリを削除します。