日本 | 日本語

機械指令

機械指令の資料

機械指令は人と機械の協調作業に関する標準化された労働安全衛生要件を説明し、機械安全について各州が設けた規制を置き換えるものです。機械指令2006/42/ECは2009年12月29日から適用されています。

実践的な 「機械指令2006/42/ECの適用ガイド」が指令の内容の解釈に使用されます。この資料は、技術文書やリスクアセスメントの役割について言及しています。2017年に欧州委員会が新しい版を発行しました。「機械指令2006/42/ECの適用ガイド」は欧州員会のウェブサイトからダウンロードできます。

指令の定義によると、機械とは接続された部品またはコンポーネントから構成されるアセンブリであり、少なくともその1つが動き、特定のアプリケーションのために組みつけられたものです (機械指令の第2条を参照)。

機械指令の定義によると、以下も機械であるとみなされます。

  • 機械のアセンブリまたは複雑なプラント
  • 安全コンポーネント
  • 機械の基本的な機能を変更できる互換性のある装置

上記の機械に加え、機械指令の定義に当てはまっても、他の法規定が一般的に適用される除外品リストも存在します。

 

機械指令の正式名称

2006年5月17日付欧州議会および評議会の機械に関する指令2006/42/EC、改正された指令95/16/EC (改訂版)

関連規格

詳細情報:

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp