地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

ATEX(防爆)指令に準拠する安全要求事項の定義

ATEX(防爆)指令は新しい欧州の法的枠組みに合わせて内容が改訂されました。このため、2016年4月20日以降、製品が新しい指令に適合している場合のみ提供が許可されます。
2016年4月20日からATEX指令 2014/34/EUに基づく認証書が発行されます。 旧ATEX指令94/9/ECに基づく認証書は引き続き有効です。

ATEXはATmosphère EXplosibles (爆発性雰囲気)の略称です。機械の製造業者および運用者は爆発を防止し、人、環境、資源を保護するための2つの中心的な指令に従う必要があります。

  • ATEX指令2014/34/EU (製造業者および製品対象)
  • ATEX指令1999/92/EC (運用者対象)

Equipment Directive(装置指令)は人を爆発のリスクから保護するために作られました。装置 指令は潜在的な爆発の危険性がある環境で使用する製品を市場に投入する際の本質安全衛生要求事項を管理します。非電気装置も含まれます。指令の仕様が満た されていることを証明するために、適切な適合性評価手順を使用する必要があります。

さらにWorkplace Directive(職場指令)では、潜在的な爆発性雰囲気で作業する人を保護する規定が定められています。また、同指令によると雇用者はハザードアセスメントの一環として防爆資料を作成する義務があります。

職場指令の仕様には以下が含まれます:

  • 初期防爆: 爆発性雰囲気形成の低減または防止
  • 二次防爆: 点火源の除去
  • 三次防爆: 潜在的な爆発による被害を許容可能な程度に制限する

 

ATEX (防爆) 指令の正式名称

潜在的な爆発性雰囲気で使用される機器や保護システムに関連する加盟国の法律を整合化した2014年2月26日施行の欧州議会および欧州理事会のATEX指令2014/34/EU

爆発性雰囲気で作業する労働者の保護対策を改善するための必須安全衛生要求事項である1999年12月16日施行の欧州議会および欧州理事会のATEX指令1999/92/EC

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp