地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

EN ISO 12100 - 安全な機械の製造原則

EN ISO 12100

EN ISO 12100は、設計エンジニアの用途として安全な機械のメーカの概要について、設計エンジニアを対象に説明しています。EN ISO 12100は、主にEN ISO 12100-1と-2、およびEN ISO 14121-1の組み合わせです。

「機械安全」という用語は、機械が寿命期間中に意図する機能を満たし、それによってリスクを十分低減することが可能であるかを精査します。EN ISO 12100第1部の目的は、基本的な危険源を定義することで、設計者が関連する危険源や重大な危険源に対する認識を高めることにあります。

EN ISO 12100の内容

中でも次の危険源は特に重要なものです。

  • 機械的危険源
  • 電気的危険源
  • 熱的危険源
  • 騒音による危険源
  • 振動による危険源
  • 放射による危険源
  • 使用材料や物質による危険源
  • 機械の設計における人間工学原則の無視による危険源

 

EN ISO 12100および他の関連規格

整合規格EN ISO 12100は、機械およびプラント制御システムの安全システムと安全部品の重要な手順を定義しています。この基本的な規格をベースとして、EN ISO 13849-1/-2EN 61508 とそのセクタ規格EN 62061などの他の整合規格では、制御システムと安全装置の安全部品の設計、製作、および統合について説明しています。

関連規格

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp