地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

最小距離による安全装置の有効性

最小距離

人に対する危険を回避するための危険領域と安全装置の間の最小距離を指定します。これらは、人体の部位が押しつぶされないようにするために使用されます。

最小距離は以下の2つの部分で構成されています。

  • 徒歩/ハンド速度システム応答時間を掛けた値、および
  • 危険領域の高さと安全装置の高さに依存する追加の値。この追加の値は、1,200 mmまで可能です。

機械上での最小距離の規格

規格 整合化 名称
EN 349: 2008 済み 機械類の安全性
人体の部位が押しつぶされないようにするための最小距離

 

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp