地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

機械の電気装置の安全

機械の電気装置の安全

機械が電気で駆動される場合、機械は電気的性質によるすべてのハザードが回避されるまたは回避できるように設計、製作、設置されなければなりません。最も一般的な電気的ハザードは感電です。電流は、神経および筋肉系に取り返しがつかない影響を与える可能性があり、熱的影響の原因にもなります。過負荷、アーク放電、静電放電も火災の原因になる場合があります。

機械は、通電しているケーブルや通常通電している導体部分との直接接触が回避されるように設置する必要があります。メーカは、アースや通電している可能性がある導体部分との間接的な接触から生じる危険を防止する必要もあります。

電気機器の規格

規格 名称
EN 60204-1 機械類の安全性 - 機械の電気装置 -
第1部: 一般要求事項
EN 60947-1/8 低電圧開閉装置および制御装置 - 第1部: 一般規則
第8部: 回転電気機械の内蔵温度保護 (PTC)
の制御ユニット
NFPA 79 米国の産業機械用電気安全規格
BGV A3 事故防止規則 - 電気システムおよび機器

 

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp