地図でお客様の国を選択すると、直接現地のピルツホームページをご覧いただけます。お客様の国を選択できない場合は、こちらをクリックしてください: グローバルサイト

閉じる
日本 | 日本語

非常停止は危険な動作を停止させます

非常停止は危険な動作を停止させます

機械指令に従い、設備および機械は非常停止装置を備え、非常時の危険を回避または低減できることが必要です。危険な状況では、非常停止制御装置は手動で操作され、潜在的に危険な動作を停止する信号をトリガします。非常停止コマンドが生成されると、非常停止制御装置がラッチされます。制御機器が手動で解除されるまでは、ラッチされた状態であることが必要です。機械全体から電源を取り除く必要はありません。

システムの電源を不要にする非常スイッチングオフ装置

非常停止とは対照的に、非常遮断押しボタンはシステムから電源を完全に取り除きます。これは、電気的危険が存在する場合などに必要です。

 

非常停止の規格

EN ISO 13850機械類の安全性。非常停止。設計の原則

非常停止と非常遮断装置の違い

 

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp