日本 | 日本語

CEマーキング

カテゴリIII圧力機器を1つの機能単位として、機械指令に準拠する機械に組み込むとどうなりますか?また、どのように適合性評価手順を実施したらよいですか?

上記の例では、適合性評価手順を機械指令に従って実施します。
また、その圧力機器には、圧力機器指令に適合した独自のCEマークが必要となります。


参考情報:

『機械指令2006/42/ECの適用ガイド』の第2版からの引用

圧力機器 (PED) 指令97/23/EC
第3項に従って、機械に組み込むまたは接続する適用範囲内の圧力機器に対して、圧力ハザードに対するPEDが適用されます。既に市場に投入されている圧力機器を機械に組み込む場合、機械メーカの技術ファイルにはその圧力機器のEC適合宣言書が含まれている必要があります。§ 392: 付属書VII A 1 aのコメントを参照してください。

機械指令の適用範囲内の機械に組み込まれ、カテゴリ1より低く分類されている圧力機器はこのPEDの適用範囲から除外されます。従って、このような機器には機械指令が完全に適用されます。機械指令は動作中の破損リスクにも対応していることに注意してください。§ 207: 付属書Iのセクション1.3.2のコメントを参照してください。

 

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp