日本 | 日本語

CEマーキング

長い間生産で使用してきた機械は、新しい機械指令に準拠するように改造する必要がありますか?

まず原則として、「古い」機械指令に従って認定された機械は、製品安全法 (ProdSG) の観点から大幅な変更が行われていない限り、
改造が必須要件となることはありません。

ただし、機械に対してメーカの宣言のみがある場合は、その機械に対して必ず適合性評価手順を実施する必要があります。メーカの宣言書とは、その機械が機械指令の観点から半完成機械類であり、インテグレータによって完成機械とされることを示すものです。

オペレータの視点からは、すべての機械は産業安全規制 (BetrSichV) によって管理されています。この規制では、すべての電気駆動の作業機器 (機械) について、その安全性を定期的に分析できるような危険評価が求められます。この評価で安全性の欠陥が検出された場合は、改造が必要となります。

 

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp