日本 | 日本語

CEマーキング

CE認証済みの既存の機械を、新しい半完成機械と一緒に組み立てる予定です。新しい機械に対してCE認証を取得する必要はありますか?

CE認証済みの既存の機械を、新しい半完成機械を使用して拡張/組み立てを行う (旋盤に取扱装置を取り付ける) 予定です。新しく組み合わせた機械に対して新たにCE認証を取得する必要はありますか?


新しいEC適合宣言書を発行する必要があるかどうかを明確にするには、まず組み合わせる機械が機械のアセンブリであるかどうかを評価する必要があります。この例の場合、これに該当することになります。機械のアセンブリを構築する場合、CE認証が必要です。そのため、この例の機械配置については新しいEC適合宣言書を作成する必要があります。

このアセスメントで考慮が必要な主な点は、最初に機械 (この場合は旋盤) が製造されたのが1995年よりも前だったか、後だったかという点です。製造されたのが1995年よりも前だった場合、この機械は少なくとも産業安全規則の仕様を満たしている必要があります。1995年以降の場合は、最初に製造された時点でCE認証を実施する必要があります。

 

 

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp