日本 | 日本語

安全関連機器

PT100センサの安全機能 (PAScal付き) を計算するために採用できる機能安全値はどれですか?たとえば空圧部品について、標準化された値が一般的なデータベースに用意されていますか?

PAScalの安全機能を計算するために次の値を採用できます。

オートメーション技術部品の基準値は、規格EN ISO 13849-1の付属書Cに列記されています。テーブルC1は、摩耗の影響を受ける部品を示したものです。油圧部品を除き、対応する部品のB10d値が記載されています
(B10d値は、10%の部品で危険側故障が発生するまでのサイクル数を示したものです)。

テーブルC2-C7では、電子部品を取り扱っています。この場合は、MTTFd値が記載されています (MTTFd値は統計値であり、耐久テストまたは使用する部品のエラーの確率に基づいた信頼性予測によって決定されます。使用する部品の品質をテストする場合は、1つのファンクションを考慮します)。
ただし、ここには温度センサに関する詳細な指定はありません。これらの記述に従い、システムは物理的動作が同じである部品を基盤とすることをお勧めします。

一般的に、PT100を計算するだけではなく、評価機器も計算するか、PT100に接続されているアンプも測定する必要があります。

 

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp