日本 | 日本語

安全関連機器

PNOZmultiでは、開始ボタンと「開始位置に移動」ボタンの操作をどのように読み取りますか?

質問:

安全タスクを実装するためにPNOZmultiを使用しています。当社では自動サイクルを開始するために開始ボタンを使用しています。また「開始位置に移動」ボタンを使用して、機械の開始準備を行います。どちらのボタンを使用した場合も機械の安全装置 (安全ライトカーテンなど) がリセットされ、すべての安全装置がアクティブになってから動作が開始されます。質問: PNOZmultiでは、これらのボタン操作をどのように読み取りますか?
1) PNOZmulti上の安全入力によってですか?
2) PNOZmulti上の非安全関連の入力によってですか?
3) スタンダードコントローラの入力の後に、フィールドバスモジュールを介してPNOZmultiに転送するのですか?

 

回答:

これらのボタン操作は、PNOZmulti上の安全入力によって読み取られます。ただし、ほとんど場合は厳守しなければならないわけではありません。
ボタンに対する安全関連の評価が必要かどうかは、プラントのリスクアセスメントによって決まります。
プラントの危険を伴う動作は、すべての安全装置がアクティブでエラーがなく動作している場合にのみ実行されるため、ほとんどの場合、開始ボタンまたはリセットボタンの操作は、PNOZmulti上の非安全関連の入力またはスタンダードコントローラの入力を介して読み取ることができます。

以下の点に注意してください。
安全装置のリセット時またはプラントの起動時には、意図的な動作があるはずです。
開始ボタンと「開始位置に移動」ボタンの操作によって安全装置がリセットされ、プラントが起動されるため、ボタンを2回操作するか、安全装置をリセットする追加のボタンを取り付ける必要があります。
危険ゾーンに誰もいないことを確認できるように、リセットボタンの位置から危険ゾーンが見えることが重要です。

 

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp