日本 | 日本語

安全関連機器

新しいプラントには非常停止制御機器を絶対に取り付ける必要がありますか?もしくは「コンタクタバージョン」を使用できますか?

質問: 当社では、シンプルなファンコントローラの制御盤を置き換えようとしています。当時は一般的であったため、非常停止機能はシンプルなコンタクタを使用して実装されています。これは非常停止ボタンを使用してスイッチオフするというものです。コンタクタの接点によりコントローラをスイッチオフします。プラントの新しい設計に非常停止制御機器を採用する必要がありますか?もしくは以前と同じ形式を使用できますか?新しいプラントには非常停止制御機器を絶対に取り付ける必要がありますか?もしくは「シンプルな」プラントでは「コンタクタバージョン」を引き続き使用できますか?

回答: 原則として、非常停止機能は強制ガイドコンタクタに直接機能する押しボタンを使用して実装できます。
ただし、この安全機能のレベルは1つの値、すなわちパフォーマンスレベルCに制限されます (質問の説明から、1チャンネルシステムであることを前提としています)。
パフォーマンスレベルCが適切に安全機能を果たす場合、安全リレーの使用は絶対に必要ではありません。

 

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp