日本 | 日本語

安全関連機器

非常停止押しボタンを操作停止用押しボタンに置き換えることはできますか?

質問:
これは完全に自動化された機械で、通常はCEマークをつけて市場に投入されます。この機械には両側にオペレータ制御ステーションがあり、各ステーションに非常停止押しボタン (赤-黄色) が備わっています。
非常停止押しボタンを「操作停止用押しボタン」(黒色/灰色)に置き換えてから、組込み宣言書と組み立て説明書を添付して半完成機械として市場に投入することは可能ですか?

回答:
EN ISO 13850に従うと、非常停止装置は各オペレータ制御ステーションに配置する必要があります。例外: リスクアセスメントにより不要であることが示されている場合。

機械指令 (MD) では、半完成機械は機械とほぼ同じアセンブリですが、それ自体で特定の用途を実行できないものと規定されています。
駆動システムは半完成機械です。半完成機械は、他の機械または他の半完成機械や装置に組み込むこと、または組み立てることのみを意図しているため、機械指令の観点からは機械を形成するものということになります。

ご質問の機械には2つのオペレータ制御ステーションがあるため、機械指令の観点からは半完成機械ではないでしょう。
適合性の推定を達成するには、すべての関連規格に準拠する必要があります。このような理由から、この機械に組込み宣言を添付して「半完成機械」として供給し、組み立て説明書を使用して、安全衛生を損なうことなく、機械を市場に投入するために必要なすべての条件を定義する方が理にかなっているといえます。

 

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp