日本 | 日本語

安全関連機器

1チャンネルおよび2チャンネルの非常停止をプラントで一緒に使用できますか?

質問: (古い) プラントでは一般的な非常遮断 (PZE5を備えたPNOZ5、1チャンネル) を備えており、一部のエリアには非常停止 (PZE5を備えたPNOZ5、1チャンネル) が取り付けられています。このプラントの一部を近代化し、その一環として、近代化するエリアには非常停止として2チャンネル装置を取り付ける予定です。取り付け業者は1チャンネル回路と2チャンネル回路を混在させることはできないと主張しています。すべてを2チャンネルに変換する必要がありますか?残念ながら適切な回答を見つけることはできなかったのですが、このような混在は部分的なプラントのシャットダウン (非常停止) では許可されていたように記憶しています。

回答: 非常停止またはエリアの非常停止をどのように設計する必要があるのかは、プラントのリスクアセスメントで明確に詳細を規定します。
ただし、非常停止またはエリアの非常停止は、必ず押しボタンが作動した場合に十分な安全性を確保しながら、最悪のハザードを停止するように設計されていなければなりません。

エリアの非常停止がプラントセクションのハザードにより2チャンネルである場合、それよりも高いレベルの非常停止も安全性が損なわれることがないように、2チャンネルである必要があります。

 

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp