日本 | 日本語

動作の安全性

機械の標準的な検査期間はありますか?

法律では、機械の検査頻度に関して広範に適用できる有効な仕様は規定されていません。実際、機械の多様性や関連する要件を考慮すると、全般的に適用される検査頻度は意味をなしません。

検査頻度は、次のような仕様に従ってオペレータによって個別に決定されるべきです。(§3 BetrSichVに適合して) タイプ、範囲、時間間隔を決定する書面によるハザードアセスメントを作成する必要があります。また、特定の動作条件などにより検査期間を短くする必要性も、ハザードアセスメントの範囲内で検討するべきです。検査期間を長くすることも検討できますが、これはハザードアセスメントにより適切と判断される場合のみです。

基本的にプラントと機械の検査期間は、発生する可能性の高いあらゆる不具合を適切なタイミングで検出できるように決定する必要があります。

 

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp