日本 | 日本語

動作の安全性

機械に対する変更が製品安全法 (ProdSG) によって大幅な変更ではないと見なされる場合も、その変更を文書化する必要がありますか?

製品安全法 (ProdSG) によって大幅な変更ではないと見なされる場合、雇用者は変更した機械が該当する安全衛生規制に適合しているかどうかを評価する必要があります。また、機械に対する変更が大幅な変更ではないと見なされる根拠を文書化することをお勧めします。


産業安全規則 (BetrSichV)BetrSichVに適合したハザードアセスメントを考慮することは、特に重要です。これは、新しい条件を反映するように適合する必要があります。機械が安全に使用できることを保証するために、機械に対する変更をオペレータが使用するその他の資料 (回路図、取扱説明書など) に追加することが必要になる場合があります。

 

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp