日本 | 日本語

動作の安全性

試運転では、どのような安全装置を無効にできますか?

当社ではCNCレーザシステムを頻繁に使用していますが、どのような作業が許可されているかよく分かりません。たとえば、レーザの試運転では放射線防護対策を一時的に止める必要があります。またサーボ軸の安全囲いも、調整時に開く必要があります。このような状況と機械指令の要求は、どのようなバランスを保てばいいですか?どのような安全措置を取ることができますか/取る必要がありますか?

試運転は、リスクアセスメントで考慮しなければならないライフフェーズです。試運転の時点では、一部の安全機能はまだ実装/設置されていません。

試運転中に無効にできる/無効にしてはならない安全機能を示すリストはありません。安全機能がまだ実装されていない場合、または一時的に無効になっている場合は、追加の措置を取る必要があります。ただし、そのような措置はプラントに固有であるため、外部から一般的に定義することはできません。

 

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp