日本 | 日本語

動作の安全性

「認定機械安全エキスパート」の認定を取得するとどのような資格が得られますか?

CMSE認定機械安全エキスパートになるためのトレーニングでは、必ず機械安全に関する複雑な技術的問題を取り扱います。このトレーニングでは、法律、規格および安全対策から機能安全分野の詳細な見直しまでを行うために必要な技術的知識について学習します。つまり危険分析から安全コンセプトの作成、プラントと機械を市場に投入する適切な手順まで、幅広い知識を習得することになります。


具体的には、次のテーマ別に学習します:
モジュール1: 安全の概要: 安全衛生の保護、関連する安全規制の概要、雇用者と設計エンジニアの責任
モジュール2: 機械安全と労働安全: 機械に関連する法律、作業機器使用指令、CEマーキング
モジュール3: リスクアセスメント: ISO 12100に適合したリスク評価、リスク評価の方法論
モジュール4: 機械安全装置: 電気的安全とその部品、安全部品の分析、要求と適用
モジュール5: 制御システムの機能安全: 機能安全ISO 13849-1の仕様、EN ISO 13849-2に適合した検証と認証、EN ISO 13849-1、IEC 62061、EN ISO 4413 (油圧) およびEN ISO 4414 (空圧) の対策と実装


詳細については、www.cmse.comでも参照できます

 

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp