日本 | 日本語

規格に関する専門知識

強制作動はどのようなタイミングで実施する必要がありますか?

リスクアセスメントはすべての機械について作成する必要があり、これによって強制作動が必要かどうか決定されます。
制御システムの部品の状態を継続的に監視することが技術的な理由から不可能な場合、強制作動が必要になります。

例: モータブレーキには、一般的にブレーキの状態「開/閉」に関する信頼性の高い信号出力がありません。そのため、2チャンネルを保持するシステムのいずれかのチャンネルにモータブレーキが実装されている場合、そのモータブレーキにの故障検出対策として強制作動 (周期的なブレーキテスト) が実施されます。

 

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp