日本 | 日本語

規格に関する専門知識

EN ISO 13849-2に適合した妥当性確認の手順とは、どのようなものですか?

質問: この規格に適合した安全機能の妥当性確認: ISO 13849-2では、分析、テスト、検証および妥当性確認などいくつかの手順が指定されています。このような手順を使用して構造を作り出し、その結果として適切な妥当性確認が導かれるようにするにはどうしたらよいでしょうか?妥当性確認とは「それ自体」で存在するものではなく、テスト、分析、機能試験などすべての活動が、構造化された方法で実行および文書化された場合に妥当性確認となるという理解で正しいのでしょうか?

回答: EN ISO 13849-2に適合した妥当性確認は複数の手順で構成されており、アプリケーションの複雑さによって異なります。妥当性確認には、安全機能 (パフォーマンスレベルの検証) に関する定量的な証拠、機能試験、およびその他の機能分析とテスト (資料も含む) が含まれます。
したがって、質問で説明されているように、妥当性確認とは分析および機能試験に伴うすべての手順を指すことになり、すべての資料が含まれます。

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp