日本 | 日本語

規格に関する専門知識

ロボットの設計: どの規格を考慮する必要がありますか?

一般的に、ロボットは機械指令の対象となります。たとえば、次の規格もロボティクス分野に関連しています。

- DIN EN ISO 10218-1 (ロボットとロボット装置 - 産業用ロボットの安全要求事項 - 第1部: ロボット): この規格の第1部では、産業用ロボット固有の安全設計、保護対策、および使用上の情報に関する要求とガイドラインを指定しています。また、ロボットに関連する基本的な危険源を説明し、そのような危険源に関連するリスクを排除または適切に軽減するための要求を説明しています。

- DIN EN ISO 8373 (ロボットおよびロボティックデバイス - 用語): 製造業および非製造業の両環境で運転するロボットおよびロボティックデバイスに関連して使用される用語を定義および説明しています。

- ISO 9787 (ロボットおよびロボティックデバイス - 座標系および運動の記号): ロボットの基本と基本的なロボットの運動原則について説明します。上記のISO 8373で定義されているすべてのロボットに適用されます。

- また、2013年10月時点では、非製造業用ロボットの規格は協議段階にあります。FDIS ISO 13482 (ロボットおよびロボティックデバイス - 生活支援ロボットの安全要求事項) は次の点を重視しています。

  • プライベート環境でのロボットアプリケーションに関する危険源の説明
  • 適切な保護対策を含む安全設計の仕様
  • ロボットの安全な使用に関する使用上の情報に対する要求事項


上記の規格は、ロボティクス分野に明示的に対応しています。ただし上記以外にも、機械指令に基づいて要約された関連する規格も考慮する必要があります。

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp