日本 | 日本語

規格に関する専門知識

ガードによじ登って危険ゾーンに侵入する行為を防止するためには、どの規格が適用されますか?

DIN EN 953の第7項「追加の設計および構造の考慮事項」の7.1「よじ登り」では、ガードによじ登る行為について、実施できる範囲で設計によって防止する必要があることを規定しています。

たとえば、ガードの外側面から水平構造やメッシュ構造の水平部品を削除することで、よじ登る行為を困難にすることができます。 

この規格では、正確な寸法や仕様などは規定していません。これは、設計エンジニアの裁量に任されています。

 

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp