日本 | 日本語

CEマーキング

実験目的で一定期間だけ異なるモジュールのプラントを建設する場合に考慮する必要がある点は何ですか?

機械安全を保証するために、このような場合でも基本的には機械指令 (MD) も適用する必要があります。ただし、機械指令の第1条 (2) h) には、研究室で一時的に使用する研究目的のために設計および製造された機械は、この指令の適用範囲から除外されることが記載されています。

それでも、機械安全のために産業安全規則 (BetrSichV) の最低限の要求とその他すべての国内の規則および規制には準拠する必要があります。

 

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp