日本 | 日本語

CEマーキング

EC適合宣言書には、技術ファイルの編纂を認可された人物が必要です。この人物は、メーカによって雇用されている必要がありますか?

機械指令2006/42/ECでは、技術ファイルの編纂を認可された人物がメーカによって雇用されている必要があるとは規定していません。そのため原則的にメーカは、このタスクを法人である限り誰にでも自由に委託できます。

ただし、指令の第5条 (1e) (EC適合宣言書に関する項目) と第13条 (1c) (組込み宣言書に関する項目) では、法定代理人の名前と住所を明記する必要があり、その法人が共同体内で設立されている必要があることが規定されています。

指令のこの規定の目的は、関連する市場監視当局に対して欧州共同体で責任を持つ担当者を割り当てるためです。

記事の最終変更日: 2013年1月8日15:35
著者: Pilz GmbH & Co. KG
改訂番号: 1.0

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp