日本 | 日本語

動作の安全性

雇用者は有資格者の知識を確認する必要がありますか?

産業安全規則 (BetrSichV) に従うと、機械、プラント、作業用機器の適切なテストを実施する責任は、雇用者とプラント/機械のオペレータにあります。外部の企業 (有資格者) にテストを委託しても、この責任は免責されません。ただし、このような場合は一般的な契約法が適用されます。契約に同意する前に、雇用者は常に有資格者が適切な資格を持っていることを確認し、BetrSichVに適合したテスト内容と範囲を正確に定義する必要があります。また場合によっては、資格を持つことを証明する適切な証拠の提出を求める必要があります。

ただしBetrSichVに適合した認定検査機関 (AIB) の専門家スタッフの場合は状況が異なります。AIBの専門家は、さらにテストを実施しなくても、認証に関してその分野の資格があると見なすことができます。専門家スタッフの認証と任命は、中央安全技術センター(ZLS) が取り扱っています。

 

ピルツの安全サービス

 

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp