日本 | 日本語

安全関連機器

電気設計エンジニアは、勤務する会社が新しい安全規格を適用しない場合、その責任を負うことになりますか?また、雇用者の署名によってこの責任を回避できますか?あるいは、リスク低減の要求に関する必要な情報収集を怠った場合や「通常通りカテゴリ2を作成する」という口頭のメッセージだけを受け取った場合に、協力しないことを宣言する必要がありますか?

製造業者は、機械指令 (MD) の第5条に従い、機械が市場に投入される前またはその運用を開始する前に、該当する本質的な安全衛生に関する要求を機械が満たしていること確認する必要があります。ただし法律では、特定の規格の適用に関しては規定されていません。

「適合性の推定」 – ユーザは法律や指令に準拠していると見なされます。
ただし、整合規格の適用によって「適合性の推定」が発生します。すなわち、機械が該当する本質的な安全衛生に関する要求に適合して設計および製造されているという推定です。よって、損害賠償請求があった場合、証拠提出の義務が無効になります。整合規格が適用されていない場合、損害賠償請求があった場合に、メーカには証拠提出の義務が生じます。

また、メーカの最低限の要求である最先端技術 (機械指令の付属書1による) を定義するために整合規格が要求される場合もあります。欧州連合の官報に発表されると、規格は整合規格と見なされます。

設計エンジニアとして、機械設計に最先端技術が採用されていない、または機械が機械安全の要求を満たしていないことが分かった場合は、そのような欠陥について書面で上司に通知する必要があります。購入者と設計エンジニアとの間に法律上の義務は発生しませんが、2社間には発生します。そのため、通常は設計エンジニアが法廷で訴訟されることはありません。ただし、書面による資料の作成をお勧めします。

 

本社

ピルツジャパン株式会社
〒222-0033
横浜市港北区新横浜3-17-5
いちご新横浜ビル 4階

電話: 045 471 2281
Eメール: info@pilz.co.jp

テクニカルサポート

電話: 045 594 7605
Eメール: techsupport@pilz.co.jp